美大合格者多数輩出!
湘南美術学院ってどんなところ?
掲載ご希望の大学の方へ
美大まるわかりメディア「美大全」 » 美大で目指せる!将来なりたい職業まとめ » フォトグラファー

フォトグラファー

フォトグラファーになる方法や、そもそもフォトグラファーとはどういった職業なのかを詳しく解説しています。実際にフォトグラファーとして活躍されている美大卒の先輩からのアドバイスにも注目!さっそく見ていきましょう♪

目次
もっと見る

そもそもフォトグラファーとは?

フォトグラファーとは、写真を撮影する専門家のこと。風景、ポートレート、商品、建築、ジャーナリズムなどの撮影を行います。撮影技術や機材の知識を持ち、照明や構図、色彩などの要素を巧みに活用して、美しい写真を制作します。また、デジタル画像処理ソフトウェアのスキルも持ち合わせ、撮影後の画像編集も行います。クライアントの要望を理解し、目的に応じた表現を実現することが重要で、クリエイティブな視点と技術力を持つフォトグラファーは、広告、出版、ウェブ、社会報道など幅広い分野で求められています。

フォトグラファーと類似する職業の違い

フォトグラファーに類似する職業はいくつかありますが、それぞれには以下のような違いがあります。

カメラマン

カメラマンも写真を撮影する専門家ですが、フォトグラファーとの違いは専門性の範囲です。一般的にカメラマンは、スポーツ、イベント、結婚式などの特定の分野で撮影を行う場合が多いです。

ビデオグラファー

ビデオグラファーは映像を撮影する専門家であり、写真撮影だけでなく、映像制作にも従事します。動画の撮影・編集、映像制作に関するスキルを持っています。

フォトエディター

フォトエディターは、写真の加工や編集を専門的に行う人々です。撮影した写真をより美しく仕上げたり、イメージを変えたりすることに特化しています。

フォトグラファーの仕事内容

フォトグラファーの仕事内容は、カメラを使って写真を撮影することです。ポートレート、風景、商品、建築など、様々な分野で活動し、クライアントの要望に合わせて美しい画像を制作します。撮影後は、デジタル画像処理ソフトウェアを使って編集し、最終的な仕上がりを完成させます。創造力と技術力を駆使して、クリエイティブな視点から独自の表現を追求し、コンテンツ制作や広告、出版、ウェブなどでの需要に応えます。柔軟性が求められ、常に新しいトレンドや技術に対応して成長することが必要不可欠といえます。

フォトグラファーになるには?

フォトグラファーになるには

フォトグラファーになるには、カメラと写真に興味を持ち、基本的な知識と技術を学び、経験を積むことが重要です。ポートフォリオを構築し、専門学校やコースでスキルを磨く。アシスタントとして実務経験を積み、クライアントとのコミュニケーション能力も養います。柔軟性と創造性を持ち、常にトレンドに対応し、挑戦的な姿勢で市場にアプローチすることが成功の鍵です。

フォトグラファーの年収

フォトグラファーの仕事について、平均年収は245万1694円であり、平均月収は17万5121円です。ただし、フォトグラファーにはさまざまな職種が存在し、それぞれの職種ごとに平均年収は異なります

※情報参照元:ふぉとるプラス(https://www.photoru.jp/plus/photographer-nenshu/

フォトグラファーに必要なスキル

フォトグラファーに必要なスキルは、カメラ操作と撮影技術、照明と構図の理解、写真編集ソフトの扱い、コミュニケーション力、クリエイティビティ、スケジュール管理、マーケティングスキルです。

フォトグラファーの仕事の大変なこと

フォトグラファーの仕事の大変なことは、不安定な収入や過酷な撮影環境、厳しい締め切りとプレッシャー、クリエイティブブロックによるアイデアの詰まり、自己マーケティングと競争、機材と技術の更新にかかる経費と学習コストなどです。柔軟性と効率的なプロジェクト管理、学習意欲と粘り強さが求められる職業です。

フォトグラファーの将来性

フォトグラファーとして活躍する
美大卒の先輩に質問してみた
石川 真悠さん
フォトグラファー石川 真悠さん
  • 出身美術予備校:湘南美術学院
  • 出身大学:東京藝術大学
美大で学んだことが、今の仕事に活きていると感じますか?またそればどういう部分でしょうか?
自分の専門外の知識が身についた

多種多様な美術の分野を学んでいる仲間たちと共に過ごすことで彼らの作品制作過程を間近で見ることができ、自分の専門外の知識が身につきました。また、藝大には写真学科はありませんが、「デザイン×写真」のように学んでいる専攻に掛け合わせられるのも良いところでした。

ズバリ、フォトグラファーのお仕事は楽しいですか?どういう部分でそう感じますか?
美しい瞬間を物として残せることが嬉しい

楽しいです。学生の頃からずっとシャッターを押すときドキドキします。山の綺麗な瞬間に出会えたとき、モデルさんのいい瞬間にシャッターを切れたときなど……。フィルムで撮影することが多いので余計に楽しみが倍増します。美しい瞬間を物として残せることが嬉しいです。

「美大全」編集チームより

美大全編集チーム
美大全編集チーム
フォトグラファーとしての基盤が着実に身につくのは「美大」!

フォトグラファーになるために美大に行くことはおすすめです。美大では芸術的な技術と創造力を磨きながら、デザインの理論や歴史も学びます。カメラ操作や照明、構図などの基本を学び、個性的な視点で写真を撮影する力を伸ばします。

また、写真以外の分野からも影響を受け、幅広いアートとクリエイティブな知識を身につけることで、より独自性のある作品を制作する可能性が高まります。さらに、仲間との交流やアートシーンのつながりを通じて、将来の活躍の幅が広がるでしょう。

美大の学費は高いって本当?
学費の相場や奨学金情報を詳しく見る

関連記事